スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happiness Letter Web 開設です

Happiness Letter 毎日届いています!

この機会に購読してみてはいかがですか。

ハピネスレター

以下黒川白雲政調会長のBLOGより引用

メルマガ“Happiness Letter”は、12月20日に産声を上げ、幸福実現党の政策や時事解説、活動News等をご紹介して参りました。
小鮒将人編集長の下、試行錯誤を経ながらも、明日で20号を迎え、購読者数も、あっと言う間に3000人にならんとしております。
そうした中で、購読者の皆さまのご要望にお応えし、Happiness LetterのバックナンバーがBlog形式で見られるサイトが誕生しました!
それが““Happiness Letter Web”(http://happinessletter.blog111.fc2.com/)です!



村上よしあき氏 NEW画像
村上氏part3

No20【村上よしあき氏寄稿】
今回より2回にわたり「教育問題」についてレポート致します。本日は「公教育の教職員に競争原理導入を!」です。

以前、私は進学塾の教壇に立っておりました。その際、ある教室で、受け持った生徒のかなりの割合で、保護者が「公立学校の教員」でした(苦笑)。
三者面談で、私よりも年配の教員の保護者から「どうぞこの子をお願いします」と言われる度に複雑な気持ちを感じました。

本来は税金で成り立つ公立学校。
塾に通わせなくとも、ある程度はしっかりと受験に対応できる学力をつけられるようにするべきです。
しかし、現状は全くそうなっていないことを他ならぬ教員自身が自覚しています。
だからこそ、自分の子供を塾に通わせるのでしょうが、やはり何かが違うと感じます。

そもそも、なぜ公教育では十分な学力がつけられないのでしょうか?
公立学校のカリキュラムの問題でしょうか?授業時間の問題でしょうか?
それもあります。
だからこそ今、始まりつつある民主党・日教組主導の「ゆとり教育」への逆戻りに断固、反対すべきです。

ただ、この公教育、特に学力再生にとっての最大のボトルネックはズバリ「教員の実力不足」です。
子供達は、教師の指導次第で如実に変わります。
熱心で技術もある「優秀な教師」を多数生み出すことが一番の解決策です。

そのために政治がなすべきことの一つが「公教育の教職員への競争原理の導入」です。
これについて月刊「ザ・リバティ2010年2月号」(幸福の科学出版http://www.the-liberty.com/)では、例として、アメリカで1960年代に日本のゆとり教育に似た指導法で学校が荒廃したことを反省し、税金に見合う教育効果を問う「成果責任」という考え方で様々な取り組みが紹介されています。

なかでも教員が原則一年契約の身分であり、成果によって優秀教員の優遇や、逆に解雇もあり得る教員制度改革が紹介されています。
日本の教育改革においても、「塾に頼らない公教育の実現」のためには、仕組みとして、教員に切磋琢磨を促す競争原理を導入すべきです。
(次回に続く)




スポンサーサイト

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ村
良ければクリックしてね
プロフィール
Twitter Button from twitbuttons.com

えみれい

Author:えみれい

海外ドラマ、映画、政治、宗教、哲学、文学、邦楽、PCなどに興味があります。カッコイイ人、美しい人(外見内面問わず)に目が無く惚れっぽいです。しかし心の中身が違うと放つ光が格段に違うんです。幸福実現党支持。時にはおもしろ&ステキ動画も紹介。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

HRP
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Yahooニュース
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
YouTube動画
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。