スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬を愛した女たち

Are You Happy?の2月号(アユハ)を買いました。

とても盛りだくさんな内容なのですが
最近は坂本龍馬先生が大人気で
この雑誌でも特集があったのですが
女性として特に興味を抱く内容だったので
ご紹介させて頂きたいとおもいます。

目を引くタイトルの本がありました
「龍馬はなぜあんなにモテたのか」です。
龍馬の魅力、奥が深そうです。

龍馬はなぜあんなにモテたのか (ベストセレクトBB)龍馬はなぜあんなにモテたのか (ベストセレクトBB)
(2009/11)
美甘子

商品詳細を見る


本題に入ります。
龍馬を愛した女たちという記事で何人かの女性達が紹介されています。
素敵な女性たちばかりですが、色々なタイプがいます。
あなたはどんなタイプ?
どんなタイプになりたい?
現代の坂本龍馬がいたらどんな活躍をしてみたい?
そんな気持ちで読むと更に楽しみ倍増!

乙女―Otome―
頼れるアネゴ肌タイプ 龍馬を育てた姉
龍馬の母親代わりに剣術や馬術、書や和歌を教えた。
スパルタ式。文武両道のスーパーウーマン。

平井加尾―Kao Hirai―
お家を守る誠実派タイプ 龍馬の初恋の人
龍馬の初恋の人と言われている。彼女の遺品のなかに
龍馬の直筆と思われる寄せ書きと恋の和歌を縫い合わせた袱紗が見つかっている。
今でいうところの遠距離恋愛のような関係で、龍馬からの依頼があったものを用意し
ていたが、訪れることはなかった。。。

千葉佐那―Sana Chiba―
純愛貫く純情派タイプ 許嫁だった女剣士
千葉道場の次女で物静かで琴や絵をたしなむも
件の腕前も強い。龍馬が加尾よりすこし美人だと乙女への手紙に報告している。
晩年彼女から婚約していたと語られていたが、約束は果たされなかったという。
佐那は生涯龍馬を思い続け独身を貫いた。

お登勢―Otose―
命かけます!女傑タイプ 志士を支えた寺田屋の女将
18才のときに寺田屋に嫁ぐが亭主が早死。その後店を切り盛りした。
困った人を助けることが生き甲斐で、幕府におわれる志士たちを
かくまったり、命を張ってかばった。

お龍―Oryo―
自由奔放ヒロインタイプ 龍馬の妻
勝ち気で自由奔放な京美人
寺田屋で祝杯を上げているとき、何十人もの役人が寺田屋を取り囲んだとき
お龍は入浴中でも裸同然で知らせにいき、間一髪で龍馬は難を逃れている。
その前後に二人は結婚し、九州旅行へ。これが初の新婚旅行といわれている。
龍馬が命を落としたあと、再婚するも、龍馬の死を嘆き続けた。

こちらもあわせてお楽しみ下さい!
今の坂本龍馬の考えがわかります!

坂本龍馬・勝海舟の霊言 (大川隆法霊言選集)坂本龍馬・勝海舟の霊言 (大川隆法霊言選集)
(2009/12/08)
大川 隆法

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ : 雑誌
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No subject

高校時代、私は千葉佐那どのに憧れておりました・・・
そして、大学時代は乙女ねえさま・・・

そして今は、お龍さんに。。。憧れております。

この三人に親近感を覚えるのでございます・・・。

No subject

KIHIRUさま、きっとご縁があったのでしょうね。
どれも素敵な女性ですよね~迷う迷う(笑)
よいお年をお過ごしくださいませ!
リンク
ブログ村
良ければクリックしてね
プロフィール
Twitter Button from twitbuttons.com

えみれい

Author:えみれい

海外ドラマ、映画、政治、宗教、哲学、文学、邦楽、PCなどに興味があります。カッコイイ人、美しい人(外見内面問わず)に目が無く惚れっぽいです。しかし心の中身が違うと放つ光が格段に違うんです。幸福実現党支持。時にはおもしろ&ステキ動画も紹介。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

HRP
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Yahooニュース
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
YouTube動画
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。