スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主小沢氏、創価学会へ働きかけ「自民党と手を切るべきだ」

ニュース記事転載です

「自民党と手を切るべきだ。参院選では自民党と選挙協力しないでほしい」
 民主党の小沢一郎幹事長は2月26日夜、公明党の支持母体である創価学会前会長の
秋谷栄之助・最高指導会議議長と東京都内のホテルで会談した。公明党関係者によると小沢氏は秋谷氏に自民党との「絶縁」を執拗(しつよう)に迫ったという。秋谷氏は明確な回答を避け、両氏は意見交換を続けることで一致した。会談には民主党の輿石東参院議員会長と創価学会の谷川佳樹副会長も同席した。

 昨年の衆院選で惨敗し野党に転落した公明党が、生き残りにもがいている。1月8日の中央幹事会では、細川連立政権時代に小沢氏と「一・一ライン」を築いた市川雄一元書記長を常任顧問に起用。将来の民主党との連携への布石との見方が広がった。子ども手当法案をはじめ政策面でも民主党への急接近を図る。

 半面、参院選に向けては、連立与党時代のパートナー、自民党との関係を清算すべきかどうかに頭を悩ませる。ある公明党議員は「自民党が全然よくならないから、民主党との対決は避けたい。でも参院選で党外から公明党に来る票は、自民党議員の後援会票だけだ。民主党からは一票も来ない」と漏らす。

 こうしたジレンマを抱える公明党で、小沢氏の要求に、結果的にいち早く反応する形になったのは山口那津男代表だった。今月14日、大分市内で記者団に「他党候補の推薦は党として考えていない」と明言した。山口氏は地域レベルでの選挙協力こそ否定しなかったが、事実上、自民党との「離別宣言」だった。

 自公両党は「選挙区は自民、比例代表は公明」という協力体制を構築。衆院小選挙区ごとに2万票前後あるとされる公明党・創価学会票が自民党候補を下支えした半面、07年参院選以降は、比例代表で自民党から思うような見返りを得られなくなっていた。小沢氏は公明党との選挙協力を否定するが、創価学会幹部への「絶縁」要請は、こうした実態に付け込んで公明党の離反を促し、自民党を一層弱体化させる意図があるとみられる。

 ところが、公明党内では、自民党との選挙協力体制を独自に整えてきた関西、九州地区などから山口氏の発言への批判が噴出した。山口氏は17日の記者会見で「(推薦を)否定するとか推進するとか決めていない」と発言撤回に追い込まれた。

 山口氏の発言のぶれは、10年間にわたった自公連立政権の清算が容易ではないことを示している。だが、急速な民公接近ぶりに、自民党からは「公明党の態度ははっきりしかかっているのだから、自民党もはっきりした方がいい」(谷川秀善参院幹事長)という冷ややかな声も出始めている。

 世論調査ではみんなの党が徐々に支持率を伸ばし、悩める公明党は「第三極」づくりの主役も奪われかねない状況だ。

ソース:毎日新聞
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100321ddm001010066000c.html

大変そうな公明党。
未来ビジョンがしっかりしていれば
どうすべきか、どの道を選ぶかという問題も
いずれ決まると思うのです。


スポンサーサイト

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
ブログ村
良ければクリックしてね
プロフィール
Twitter Button from twitbuttons.com

えみれい

Author:えみれい

海外ドラマ、映画、政治、宗教、哲学、文学、邦楽、PCなどに興味があります。カッコイイ人、美しい人(外見内面問わず)に目が無く惚れっぽいです。しかし心の中身が違うと放つ光が格段に違うんです。幸福実現党支持。時にはおもしろ&ステキ動画も紹介。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

HRP
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Yahooニュース
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
YouTube動画
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。