スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国とロシア(北方領土関連) 幸福実現党党首ブログより

ロシアのメドベージェフ大統領が29日、北方領土を「必ず近く訪問する」と表明しました。領土返還を求める日本への牽制が狙いとされています。これに対し前原外相は、駐日ロシア大使を呼んで「訪問すれば日露関係に重大な支障が生じる」と伝えました。

ロシアは、尖閣沖漁船衝突事件での日本政府の失態を見て、このような動きに及んできたといえます。ある国に対して国家主権に関わる問題で隙を見せると、別の国からも問題を引き起こされてしまうという、下手な外交の見本のようなものです。

ただ、今回幸いにして、サハリンまで足を伸ばしたメドベージェフ大統領は、悪天候のため北方領土訪問を中止せざるを得なかったようで、「必ず近く訪問する」という言葉も本気なのか、あるいは一種の牽制球で終わるのか、確定されない部分が若干残っている可能性があります。

ロシアと中国は先日、第2次大戦終結65周年の共同声明を発表し、対日歴史認識で協調する姿勢を打ち出しました。沖縄の基地問題等で米国との関係が磐石でなくなっている中で、中国と対立し、その上ロシアにも中国寄りの立場を取られてしまうのは、日本にとって相当な逆風です。

とはいえ、中国に加えてロシアまで向こうに回すのは得策ではありません。現時点では、新たな領土侵略の意図が明確な中国への対処を優先すべきで、理想的にはロシアには、中国の膨張主義を抑えるための包囲網の一角をなしてもらうように持っていかなくてはなりません。

その意味で、今回のメドベージェフ大統領の北方領土訪問が中止のままになるなら、日本政府としてはこれを「賢明な判断」として評価しつつ、ロシアに何らかの接近を図っていくべきです。

シベリアで長大な国境線を共有する中国に対して、ロシアは歴史的に脅威を感じている部分があり、中露の結びつきは元々それほど強固なものではありません。実利があれば、ロシアが日本になびいてくる可能性は十分にあります。

「北方領土はわが国固有の領土」という原則は堅持しつつも、ロシアに対しては、難しい相手ではありますが、ある程度柔軟な姿勢で臨んでいくべきです。

http://bikomainu.blog110.fc2.com/blog-entry-389.htmlより
スポンサーサイト

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
リンク
ブログ村
良ければクリックしてね
プロフィール
Twitter Button from twitbuttons.com

えみれい

Author:えみれい

海外ドラマ、映画、政治、宗教、哲学、文学、邦楽、PCなどに興味があります。カッコイイ人、美しい人(外見内面問わず)に目が無く惚れっぽいです。しかし心の中身が違うと放つ光が格段に違うんです。幸福実現党支持。時にはおもしろ&ステキ動画も紹介。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

HRP
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Yahooニュース
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
YouTube動画
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。