スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/8 「日本の領土を守る会」北海道デモ

幸福実現党の党出版局長 佐藤なおふみさんのブログ記事を紹介させて頂きます。

エントリー記事 11/8 「日本の領土を守る会」北海道デモ です。

以下引用ここから

11月7日(日)、北海道で「日本の領土を守る会」主催(幸福実現党協賛)のデモがあり、全道から300名の方が参加されました。


午前10時半から、大通公園西6丁目広場のステージで出陣式が行われました。まず、「日本の領土を守る会」の小沼代表から「ロシアによる北方四島の実行支配の違法性」について、私(佐藤)からは「尖閣諸島に手を伸ばす中国の軍拡の脅威」について、お訴えをさせて頂きました。そのあと、参加者を代表して西川氏による力強い声明文が読み上げられました。

ここまで

西川さん?てどなたかしらと思ったら
とても素敵な袴姿の男性が~!

西川さん

いいですね。日の丸と袴姿。
日本の美というものにしみじみ浸れます。

肝心のデモ写真は
是非、佐藤なおふみさんのブログでご確認くださいませ~☆

佐藤なおふみさんも、次は沖縄へ向かうそうです。

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

今、沖縄が熱い

しばらく金城タツロー氏の応援の記事を続けたいと思います。

金城タツロー氏のブログ記事11/4
辺野古で感じた「県内移設賛成」の気運

記事中には地元の人のコメントが掲載されておりました。

「住民の95%は、安全面からも経済的にも移設に賛成なのに、民意は反対と言われる。」

「辺野古の海には魚は住んでいないから、海を守ると言っても意味がないと、何度もTV局の人に話しても伝えない。」


などなど

この方々の意見を代表し、普天間は県内移設にすべきだと
金城タツロー氏が唯一声を大にして主張しているわけです。

金城タツロー氏を応援いたします☆

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

「この国を守る責任」ハピネスレターより

米軍基地の問題が沖縄県知事選に向けての大きな争点であるので

県内移設と県外移設と異なる主張をしている候補をメディアで取り上げるのは
当たり前のことです。

幸福実現党から、県内移設を掲げる金城タツロー氏が出馬表明しております。
しっかりとお伝えさせて頂きます!



Happiness Letter328より転載させて頂きます

文字色大きさ変えてます



国防最前線の地・沖縄において、幸福実現党名誉総裁・大川隆法先生の「沖縄県連続講演会」が開催され、昨日は沖縄南部支部精舎において講演会『この国を守る責任』が開催されました。

大川隆法名誉総裁は昨日の講演において、
「米軍基地の問題が沖縄県知事選に向けての大きな争点」
「中国は『沖縄は中国固有の領土』と宣言するタイミングを見ている。
沖縄は『蛇に睨まれたカエル』の状況にある」

「たまたまアメリカが前回の戦争で占領したので、沖縄に進駐しているように見えるが、それだけではなく、地政学的、国際政治学的に見て、沖縄はものすごく重要な地域だから米軍基地がある」

「沖縄から米軍が撤退すると、簡単に台湾が中国に落ちる。沖縄の軍事的な米軍のプレゼンス(存在)は大きい」「『米軍基地が無くなったら一番得するのは誰か』を考えてみたら、(米軍基地撤去に向かわせている)犯人が分かる」

「今の日本にとって大事なことは『外交の鉄則』(原理原則)をきちんと立てること。
(県外移設のように)場当たりに片付けようとすると、段々、変な交渉に持っていかれて、
今、何をやっているのかが分からなくなる」

「尖閣諸島事件の中国漁船船長の釈放も、原理原則を外したのが問題。
『国内法に基づいて処理する』と言った以上、それを押し通せば国際的信頼と支持は得られた。
最後は国際社会の判断が大きな圧力となる。筋を通すべきだった」


今、幸福実現党が防衛大臣と外務大臣の代わりに言っている感じになっている。『正論』は『正論』として通していくべき。どうか日本の国益を一緒に考えてほしい」と述べられました。

本御法話(『この国を守る責任』)は緊急性、重要性に鑑み、明日11月2日(火)に全国の幸福の科学の精舎・支部に衛星配信されます(上映時間・期間は各開催拠点にお問い合わせください)。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚

また、一昨日の石垣島での講演会『国境を守る人々へ』が昨日10月31日の『八重山日報』『八重山毎日』に写真付(『八重山毎日』はカラー)で大きく報道されました。

『八重山日報』は「『気概のある国家に』大川隆法氏が講演」と題し、「すべては日本が気概のある国家として、背骨をピシッと伸ばせるかに掛かっている」「アジア太平洋地域で中国が覇権主義、中華帝国を目指すことが明確な路線として出されている」
「アジア地域で米軍が撤退した地域はほとんど中国の支配下に置かれている」「(選挙では)自由と繁栄を守る方向で選択すべきだ。国防の大切さを投票でアピールしてほしい」という大川隆法総裁の言葉を掲載しています。

『八重山毎日』は「『日米同盟は重要』幸福の科学総裁大川氏」と題し、「中国は中華帝国主義の方針を固めており、米軍が撤退すると中国支配が起きる」
「日本が国家として今後10年後、20年後も生き延びるためには日米同盟を壊してはいけない。その方向で政治的選択をしなければならない」という大川隆法総裁の言葉を掲載しています。
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp
◎ハピレタWebサイト http://happinessletter.blog111.fc2.com/
◎購読申込(携帯用) http://mobile.mag2.com/mm/0001054021.html
◎ご意見・お問い合わせ happinessletter77@yahoo.co.jp
◎Happiness Letter
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001054021/index.html

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

緊急レポート!!大川隆法総裁講演会『国境を守る人々へ』

幸福実現党では沖縄知事選において
県内移設を訴える金城タツロー氏が立候補を表明しております。
ネットでニュースをみても、金城タツロー氏はいないことにしているのが気になります。

金城タツロー氏を知るにはこちらをどうぞ!


さて、2010年10月30日31日と二日間にわたり
沖縄に入られた大川総裁による講演会が行われました。
30日の内容が掲載されておりましたので
転載させて頂きます。




10/30(土)
沖縄県石垣市のANAインターコンチネンタル石垣リゾートにおいて、
大川隆法総裁の『国境を守る人々へ』という演題での講演がありました。


大川隆法総裁は、はじめに
「皆様方は本当に、日本の国境にあって、この国を守っておられる最前線にいらっしゃる方々である、
という感謝を込めて、今日は参りました。」
と、沖縄の人々に対する感謝を述べられ、今後の日本がとるべき外交についてなどのお話となりました。


<主な内容>

●アメリカの「世界の警察官」に対する新しい挑戦者として中国が世界帝国を目指して発進しはじめた
●今の政府は国対国の外交問題を、地方レベルの責任にしようとしている
●政治家の使命
●日本が国家として生き延びるためには、日米関係を壊してはならない
●幸福実現党は、唯一「県内移設」を訴えている
●沖縄の皆様の考え方次第で国政を変えることができる      …など


最後に、
「私が申し上げたいことは、ひとつ。日本が国家として今後10年、20年と生き延びるためには、
日米関係を壊してはならないということ。その方向で政治選択をしなければいけないということ。
今の政権中枢部は、地方に責任を押し付けようとしている。
だから地方における判断責任は極めて重いということを理解していただきたいと思います。
「国境を守る人々へ」という題をつけました。
皆様はこれから重大な責任と運命の荒波の中におかれると思います。
しかし、どこまでもどこまでも、皆様方の未来を明るくするために、励ましていきたいと思います。」
と締めくくられました。


※本日の講演会のDVDを、10/31(日)以降、
全国の支部精舎にて拝聴いただけます。詳細はこちら

http://www.happy-science.jp/sosainews/77.htmlより

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

衆議院北海道5区補選の感想など

幸福実現党から立候補した森山よしのり氏は大変情熱溢れる方でした。

党の支持者は当然のこととしても
そうではない一般の方からの支持も少しずつ得られているということでした。
選挙期間中では、教育問題、外交問題と、いわゆる票にならない
しかし国の存続としてはとても重要な論点にズバリと切り込んでいきました。
民主党も自民党も大事な論点から逃げているところ
幸福実現党は正論を真っ向から述べられる貴重な政党であると思いました。

下に党役員らのこの度の選挙戦における感想などのブログ記事へのリンクを張らせていただきます

【プレスリリース】北海道5区補選の結果を受けて 立木党首より 

当出版局長 佐藤なおふみ 10/27 衆議院北海道5区補選を振り返って

幸福実現党 加納有輝彦ブログ 北海道5区補選に想う 

あえば直道ブログ 森山候補へ

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

幸福実現党 森山佳則 (元気もりもり北海道)  プロフィール


幸福実現党 森山佳則 (元気もりもり北海道)  プロフィール



森山よしのりプロフィール

北海道5区で当選を果たした民主党の小林千代美議員が、北教組からの不正資金疑惑により、辞職をしました

この辞職を受けての補欠選挙が、10月24日に行われます。

是非 森山よしのりを宜しくお願いします!



テーマ : 幸福実現党
ジャンル : 政治・経済

「尖閣諸島を守ろう!」署名活動にご協力をお願いします

尖閣諸島の危機は、終わっていません。

【発起人】沖縄の自由を守る会(代表:徳留博臣)

【協賛団体】沖縄の自由と繁栄を願う女性の会
      沖縄維新の会
      沖縄県人の会
      幸福実現党

 なお、署名された原紙を、下記党本部宛にご郵送ください。
 第1次締切11月10日
 第2次締切12月15日
 ※FAXは無効ですので、ご注意ください。

  【郵送先】 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目2番19号 幸福実現党宛

署名用紙のダウンロード ←PDFファイルが開きます

幸福実現党 http://www.hr-party.jp/news/o132.htmlより転載

「尖閣諸島を守れ!東京緊急デモ」決行のお知らせ

尖閣がやばいと思うそこのあなた
今度の日曜日に行われるデモに参加しませんか?



尖閣諸島を守れ!東京緊急デモ

【日時】:2010年10月3日(日)12:20
     ※出発時間:12:45
     ※終了時間:13:45~14:15頃(解散場所:柏木公園)
      デモに先立ち、11:30から新宿西口において、
      ついき党首、松島幹事長をはじめ有志数名が街宣を行います。
【場所】:新宿中央公園 水の広場
     ※新宿区条例により公園内で集会を開くことができないため、
      集合後すぐに隊列を組み、デモに出発いたします。
【主催】:幸福実現党

10月3日(日)12:20、新宿中央公園 水の広場に集合し
「尖閣諸島を守れ!東京緊急デモ」を決行、いざ出発!

 10月3日(日)民主党政権の弱腰外交を糾弾する!デモを決行いたします。
幸福実現党役員は、ついき党首、木村副党首、松島幹事長、小島幹事長代理が参加いたします。

※デモに参加できない全国有志の皆様におかれましては、10月2日(土)、3日(日)に、地元の主要駅等での辻立ち、ビラ配布の取り組みにより抗議行動を起こしてまいりましょう。


              2010年9月30日
               幸福実現党

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

中国とロシア(北方領土関連) 幸福実現党党首ブログより

ロシアのメドベージェフ大統領が29日、北方領土を「必ず近く訪問する」と表明しました。領土返還を求める日本への牽制が狙いとされています。これに対し前原外相は、駐日ロシア大使を呼んで「訪問すれば日露関係に重大な支障が生じる」と伝えました。

ロシアは、尖閣沖漁船衝突事件での日本政府の失態を見て、このような動きに及んできたといえます。ある国に対して国家主権に関わる問題で隙を見せると、別の国からも問題を引き起こされてしまうという、下手な外交の見本のようなものです。

ただ、今回幸いにして、サハリンまで足を伸ばしたメドベージェフ大統領は、悪天候のため北方領土訪問を中止せざるを得なかったようで、「必ず近く訪問する」という言葉も本気なのか、あるいは一種の牽制球で終わるのか、確定されない部分が若干残っている可能性があります。

ロシアと中国は先日、第2次大戦終結65周年の共同声明を発表し、対日歴史認識で協調する姿勢を打ち出しました。沖縄の基地問題等で米国との関係が磐石でなくなっている中で、中国と対立し、その上ロシアにも中国寄りの立場を取られてしまうのは、日本にとって相当な逆風です。

とはいえ、中国に加えてロシアまで向こうに回すのは得策ではありません。現時点では、新たな領土侵略の意図が明確な中国への対処を優先すべきで、理想的にはロシアには、中国の膨張主義を抑えるための包囲網の一角をなしてもらうように持っていかなくてはなりません。

その意味で、今回のメドベージェフ大統領の北方領土訪問が中止のままになるなら、日本政府としてはこれを「賢明な判断」として評価しつつ、ロシアに何らかの接近を図っていくべきです。

シベリアで長大な国境線を共有する中国に対して、ロシアは歴史的に脅威を感じている部分があり、中露の結びつきは元々それほど強固なものではありません。実利があれば、ロシアが日本になびいてくる可能性は十分にあります。

「北方領土はわが国固有の領土」という原則は堅持しつつも、ロシアに対しては、難しい相手ではありますが、ある程度柔軟な姿勢で臨んでいくべきです。

http://bikomainu.blog110.fc2.com/blog-entry-389.htmlより

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

「尖閣諸島を守れ!沖縄県緊急デモ集会」のお知らせ

尖閣諸島を守れ!沖縄県緊急デモ集会

【日時】:2010年10月3日(日)13:00
【場所】:沖縄県庁前県民広場
【主催】:尖閣諸島を守ろう実行委員会
【協賛】:沖縄の自由を守る会
     沖縄維新の会
     沖縄の自由と繁栄を願う女性の会
     八重山の自由を守る会
     幸福実現党沖縄県本部

10月3日(日)13:00、沖縄県庁前県民広場にて
「尖閣諸島を守れ!沖縄県緊急デモ集会」を決行!

 沖縄県石垣市登野城の尖閣諸島では、これまでも中国漁船の領海侵犯が頻繁に起こっています。

 9月7日中国漁船の海上保安庁の巡視船への衝突事件では、 9月24日那覇地検が公務執行妨害で逮捕された漁船船長を処分保留のまま釈放することを決定しました。

 幸福実現党は、9月14日の「尖閣危機に関する緊急提言」に続き、「那覇地検による中国人船長釈放決定に対する緊急声明」を発表すると共に、沖縄の保守市民団体と共闘して緊急デモ集会を決行いたします。

デモ集会においては、

 ①中国政府に対して、
  「尖閣諸島は日本の領土であること」。

 ②日本政府に対して、
  「毅然とした態度で国家主権を守り抜き、そのために自衛隊を即時に尖閣諸島に配備すること」。

 ③日本国民に対して、
  「日米同盟を堅持したうえで、自分の国は自分で守る気概を持つこと」

を訴えてまいります。

 多くの皆様のデモ集会への参加をお待ちしております。

2010年9月25日
幸福実現党



幸福実現党 http://www.hr-party.jp/news/o121.html

日本の領土だからと安心していてはいけないようです。
権利の上に眠るものは保護に値せずという法律のことわざのようなものがあるそうです。
自分のものだからと言って
誰かに奪われそうになっても安穏としていたら
奪ったその人のものになってしまうのです。
自分の権利を守るための努力が必要になります。

権利にあぐらをかいていてはダメなのです。
誰かが手をかけたら、それは自分のものだと主張する当たり前のことです。

テーマ : 立てよ国民
ジャンル : 政治・経済

リンク
ブログ村
良ければクリックしてね
プロフィール
Twitter Button from twitbuttons.com

えみれい

Author:えみれい

海外ドラマ、映画、政治、宗教、哲学、文学、邦楽、PCなどに興味があります。カッコイイ人、美しい人(外見内面問わず)に目が無く惚れっぽいです。しかし心の中身が違うと放つ光が格段に違うんです。幸福実現党支持。時にはおもしろ&ステキ動画も紹介。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

HRP
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Yahooニュース
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
YouTube動画
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。